ブサイク童貞、コミュ障童貞の諸君が戦略的にヤるには

童貞は恥じることではない。

意志を持って童貞を貫いている「ポジティブ童貞」の皆様は、どうぞそのまま童貞を続けていただきたい。

だが、童貞を脱却したいと、もし思っているのであれば、ぜひこの記事を一読してほしい。

まず、ヤリたくてもヤレない「ネガティブ童貞」には、2種類いる。

「ブサイク童貞」と、「コミュ障童貞」だ。自分はどちらに課題があるのか、もしくは両方に課題を抱える「King of 童貞」なのか。

自己認知をするところからはじめよう。

さて、「自分はブサイクな童貞だ。生まれ持っての容姿が悪いせいだ。」と思ったあなた。生んでくれたご両親に謝りなさい。あなたはその顔でも十分に戦えます。

ここでいうブサイクは、顔の造りのことを言っているのではない。むしろ重要なのは「清潔感」である。

毎日お風呂に入り、毎日歯を磨くなどは当然のこと、しわのついた服は着ない、ワイシャツはクリーニングに出してパリッと着る、汚れた靴は履かない、曇った眼鏡はかけない、爪はきちんと切ってごみを入れない、いつ部屋に呼んでも良いように部屋も清潔に保っておく などなど、細かいところまでの気配りが大切だ。

特に、手は思った以上に見られている。

いつでも女の子に自分の指をベロベロにしゃぶらせられるくらいまで清潔にしておく必要がある。イイ感じの雰囲気になったときに、そっと指で女の子の唇に触れて、相手の反応を見ながら、

これはイケる!と思ったときに指から唇に切り替えてキスに突入!といった一連の流れをするためにも大切だ。

清潔にすることは、相手への思いやりであり、女の子はそれを敏感に察知する。

こんな当然なこともできずに童貞を嘆いている輩は、一生自分の右手とセックスしていなさい。

さて、次は「コミュ障童貞」のあなた。

コミュ障童貞によくある勘違いなのだが、自分をかっこよく見せることが自分の評価UPにつながると思っている人が多い。

だから、「無口なオレかっこいい」とか思って黙っちゃったり、無駄にかっこつけたり、キザな感じの態度をとったりする。

はっきり言おう。これは間違いだ。実に気持ち悪い。

たしかに、人によってはかっこよく見せることで女子をメロメロにする人もいるだろう。

だがそれは一部のイケメンの話。童貞をこじらせているあなたのような人がマネをしても逆効果だ。

童貞には童貞なりの戦い方がある。

「自分をよく見せる」のではなく、「相手を引き立たせる」のだ。

「あの人かっこいい!」と憧れの目で見られることを望むんじゃない。あなたには無理だ。

「あの人なんだか冴えないけど、あの人といると私素になれるかも。」とか、「あの人には、私がいてあげないとダメね。しょうがないなぁ」とかくらい思わせて、女の子にとにかくいい気分になってもらう。それが童貞がヤるための最適解である。

女の子への思いやりを前提とした「清潔感」と、「相手を引き立たせる」コミュニケーションができるようになれば、あとは気持ちをオブラートに包みながらそっと伝えていけばいい。

「おー、それかわいいじゃん」「似合うね!」などなど、さらっと褒め倒そう。(ただし、ここでベタベタネチネチ褒めると逆効果。あくまでさらっと。)

いつの間にか女子はそんなあなたに惚れているはずだ。検討を祈る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です